__('主催団体画像')

DUCK KEN

2024年01月からteketを利用しています

10
ブラボー
9
フォロワー

団体紹介

最後はリアルな音だけが残る。
自分が見て聴きたいものを実現する。音楽家が表現したいものを実現する。
クラシック音楽そのものの生き残り、ミュージシャンの生存競争、何を表現し、何を感じるのか。
音楽と聴衆との真剣勝負とその愉悦を表現していきます。

 

 

応援コメント(0

※各イベントページから応援コメントができます。

イベント前でも後でも、コメントを残して一緒にこのイベントを盛り上げよう!