teketサービス利用規約

ホン株式会社(以下「当社」といいます。)は、この「teketサービス利用規約」(以下「本規約」といいます。)を定め、これにより「teket」(以下「本サービス」といいます。)を提供します。本サービスを利用する方は、本規約に同意の上、本サービスを利用するものとします。

第1条 (規約の適用)

本規約は、本サービスの利用に関する当社との間の一切の関係に適用されます。本規約の内容に同意しない場合、本サービスを利用することはできません。

第2条 (用語の定義)

本規約において、次の各号に掲げる用語の意味は、当該各号に定めるとおりとします。本条に定義のない用語は、各種法令等(政令、省令、官庁等が公表するガイドライン等の指針を含む)の定義及び解釈によるものとします。
  1. 「利用契約」とは、当社から本サービスの提供を受けるための本規約に基づく契約をいいます。
  2. 「サービス契約者」とは、当社との間で本規約に基づく利用契約を締結した者をいいます。
  3. 「本サービスサイト」とは、本サービスに関する情報を掲載した当社のインターネットウェブサイト<https://teket.jp>(当該URL配下のインターネットウェブサイトを含み、当社がそのURLを変更した場合は、変更後のURLとします。)をいいます。なお、本規約において本サービスサイト上に定めることとしている条件については、本サービスサイト上の定め(本サービスサイト上の定めが変更された場合は変更後のものとします。)も、本規約の一部を構成し、本規約の内容に含まれるものとします。
  4. 「対応端末」とは、当社が本サービスを利用することができる端末として別途本サービスサイト上で指定する端末をいいます。
  5. 「イベント」とは、本サービスサイトで作成されたイベントのことをいいます。
  6. 「チケット」とは、本サービスサイトで作成されたイベントに参加することを可能にする電子媒体、若しくはそれを印刷した紙媒体をいいます。
  7. 「チケットページ」とは、本サービスサイト上に電子的に表示されるページをいいます。
  8. 「有料チケット」とは、チケットのうち、有料のチケットをいいます。
  9. 「主催者」とは、サービス契約者のうち、本サービスサイトを利用してイベントを主催する者をいいます。
  10. 「参加者」とは、サービス契約者のうち、本サービスサイトを利用してイベントに参加する者をいいます。
  11. 「チケット譲渡」とは、本サービスサイトを利用してチケットを主催者から購入した参加者が、本サービス上で提供されるチケット譲渡機能を利用して、購入したチケットの払い戻しができる機能であり、チケット譲渡の成立を条件として、チケット譲渡をした参加者が当該チケットのチケット代金の返金を受け、チケット譲渡を受けた参加者が当該チケットを主催者から購入することをいいます。
  12. 「利用料」とは、本サービスの利用に際し、当社がサービス契約者から徴収する料金(販売手数料、決済手数料その他名称の如何を問わないものとします。)をいいます。
  13. 「アンケート」とは、主催者が本サービスを利用して作成することのできる参加者に対するアンケートフォームことをいいます。
  14. 「ギフト」とは、本サービス内でのみ使用できる当社の提供するデジタルコンテンツをいいます。

第3条 (本サービスの内容等)

  1. 本サービスは、主催者と参加者との間のチケットの売買及びチケットを購入した参加者と他の参加者との間のチケット譲渡を取り継ぐ仕組み又は機能を提供するものであり、当社が、主催者と参加者との間のチケットの売買、チケットを購入した参加者と他の参加者の間のチケット譲渡の当事者又は仲介者となるものではありません。 したがって、チケットの売買契約は、主催者とチケットを購入する参加者との間で成立することになり、またチケット譲渡は、チケットを購入した参加者と他の参加者との間で成立する(チケット譲渡を受けた参加者は、当該チケットを主催者から購入することとなります。)ことになります。当社は主催者、チケットを購入した参加者、参加者その他の第三者との間に生じる如何なる紛争等(イベントが中止された場合の返金等に関する争いを含みます)が生じたとしても一切関知せず、当該紛争等の解決義務及び損害賠償義務を負わないものとします。
  2. 本サービスは、次の各号に掲げる機能を提供することを内容とし、その詳細は、本サービスサイト上に定めるとおりとします。なお、対応端末の種別、サービス契約者の契約状態等によっては、利用できる機能が制限される場合があります。
    1. 主催者がイベントを作成・公開することができる機能
    2. 主催者がチケットを発行・販売することができる機能
    3. 主催者がチケットの販売履歴を確認することができる機能
    4. 主催者がイベントの参加者に対するアンケートを行う機能
    5. 参加者がイベントを閲覧することができる機能
    6. 参加者がチケットを購入することができる機能
    7. 参加者がチケット譲渡することができる機能
    8. サービス契約者がギフトを購入することができる機能
  3. 当社は、本サービス及び本サービスにおいて提供される前項各号に定める機能について、その適合性、利用結果の完全性、有用性、的確性、信頼性、即時性等について何ら保証するものではなく、またサービス契約者が本サービスを利用することにより損害が生じたとしても責任を負いません。
  4. 本サービスの利用には、対応端末が必要となることから、本サービスを利用する者は自ら対応端末を用意し、本サービスを利用するものとします。
  5. 本サービスの利用可能地域(以下「利用可能地域」といいます。)は日本国内とします。当社は利用可能地域以外での本サービスの利用について何ら保証するものではなく、利用可能地域以外で本サービスを利用したことによりサービス契約者に損害が生じたとしても一切責任を負いません。

第4条 (利用契約の成立)

  1. 本サービスの利用を希望する者(以下「申込者」といいます。)は、当社が提示する本規約及びプライバシーポリシーの内容に同意のうえ、本サービスサイト上の新規会員登録画面(以下「新規会員登録画面」といいます。)若しくは会員登録をしないでチケットを購入する場合は、本サービスサイト上のチケット送信先情報入力画面(以下、新規会員登録画面と合わせて「購入者情報登録画面」といいます。)に必要となる事項を記載して、当該情報を購入者情報登録画面上で指定する手順に従い当社に送信することにより、利用契約の申込みを行うものとします。送信ボタンが押下された時点で、申込者は本規約の内容に同意したものとみなします。 なお、申込者が未成年者又は利用契約の締結にその保佐人若しくはその補助人の同意を要する旨の家庭裁判所の審判を受けている被保佐人若しくは被補助人である場合は、利用契約の申込み(利用契約締結後の本サービスの利用に関する各種注文を含みます。)についてそれぞれ法定代理人(親権者若しくは未成年後見人又は保佐人若しくは補助人)の事前の同意を得るものとします。なお、当社は過去に利用契約が取り消された者や当社が相応しくないと判断した者の利用契約をお断りする場合があります。
  2. 当社は、申込者に対し、第1項の申込みの内容に関する事実を確認するための書類の提示又は提出を求める場合があります。申込者は当社の求めに応じるものとします。
  3. 当社は、次の各号に掲げる事項のいずれかに該当すると当社が判断したときは、当該申込者からの申込みを承諾しないことがあります。
    1. 申込みの内容に不備があり、若しくはその内容が事実に反しているとき、又はそのおそれがあるとき。
    2. 申込者が未成年者である場合は、その法定代理人(親権者又は未成年後見人)の同意を得ている事実を当社が確認できないとき。
    3. 申込者が第7条に定める利用料金その他の当社に対する債務(当社がその債権を第三者に譲渡した債務を含みます。以下同じとします。)の弁済を現に怠り、又は怠るおそれがあるとき。
    4. 申込者が第6条の定めに違反するおそれがあるとき。
    5. 申込者が過去に不正利用等により利用契約の解除又は本サービスの提供停止等の措置を受けたことがあるとき。
    6. 申込者が本規約に定めるサービス契約者としての義務を遵守しないおそれがあるとき。
    7. 申込者が第31条の定めに違反するおそれがあるとき。
    8. 当社の業務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき。
  4. 利用契約は、当社が第1項に基づく申込みを承諾し、その申込手続が完了した旨を購入者情報登録画面を通じて申込者に通知した時点で当該申込者と当社との間において成立するものとします。

第5条 (知的財産権等)

  1. 本サービスに関連して、又は本サービスを通じてサービス契約者に提供されるコンテンツ等(以下「本サービスコンテンツ」といいます。)に係る著作権等の知的財産権その他一切の権利は、当社又は第三者に帰属します。利用契約の締結は、サービス契約者に対してこれらに関する何らの権利を移転するものではなく、サービス契約者は、利用契約に基づく本サービスの利用に必要な範囲に限って、本サービスコンテンツを使用することができるものとします。
  2. 本サービスを通じてサービス契約者が新規に創作した著作物(以下「契約者コンテンツ」といいます。)に係る著作権は、当該サービス契約者に留保されるものとします。ただし、当該サービス契約者は、当社が契約者コンテンツを本サービスのプロモーションの目的の範囲内で対価を支払うことなく、複製、翻案、公衆送信その他の方法により自由に利用及び使用すること、及び第三者に利用又は使用させることを許諾するものとします。
  3. サービス契約者は、前項に定める契約者コンテンツの利用及び使用について、契約者コンテンツに係る著作者人格権を自ら行使せず、又は第三者に行使させないものとします。
  4. サービス契約者は、本サービス上での契約者コンテンツの自らの利用及び第2項に定める当社又は第三者による契約者コンテンツの利用及び使用が、第三者の著作権その他の権利又は利益を侵害するものでないことを保証するものとします。

第6条 (禁止事項)

サービス契約者は、本サービスの利用にあたって次の各号に該当する行為を行ってはならないものとします。
  1. 当社若しくは第三者の著作権、特許権、実用新案権、意匠権、商標権等の知的財産権、プライバシーその他の権利若しくは利益を侵害する行為、又はそれらのおそれのある行為
  2. 公序良俗に反する行為若しくは公序良俗に反する情報を第三者に提供する行為、又はそれらのおそれのある行為
  3. 犯罪的行為、犯罪的行為に結びつく行為若しくは法令に違反する行為、又はそれらのおそれのある行為
  4. 事実に反する情報又はそのおそれのある情報を提供する行為
  5. 当社若しくは第三者の名誉若しくは信用を毀損する行為、又はそれらのおそれのある行為
  6. 本サービスに係る設備に対して過度な負担を与える行為、当社による本サービスの提供を不能にする行為その他当社による本サービスの提供に支障を与え、若しくはその運営を妨げる行為、又はそれらのおそれのある行為
  7. コンピュータウイルス等有害なプログラムを、本サービスを通じて、若しくは本サービスに関連して使用し、若しくは提供する行為、又はそれらのおそれのある行為
  8. 本サービスを利用可能地域以外の地域で利用する行為
  9. 本サービスのアカウント情報等を不正に使用する行為
  10. 本サービスコンテンツについて、複製、公衆送信(自動公衆送信の場合にあっては、送信可能化を含みます。)、伝達、譲渡、貸与、変形、翻案等の利用を行うなど、本サービスコンテンツを第5条に定める範囲を超えて利用し、又は使用する行為
  11. 本サービスコンテンツについて、改変若しくは改ざんを行い、又は逆コンパイル、逆アセンブル等のリバースエンジニアリング(主に、内容を解析して、人間が読み取り可能な形に変換することを指します。)を行う行為
  12. 本サービスコンテンツに付されている著作権表示その他の権利表示を除去し、又は変更する行為
  13. 当社の定める手順に反する方法で本サービスを使用する行為。その他、使用条件に反する方法又は反するおそれのある方法で利用し、又は使用する行為
  14. 本サービスのアカウント情報等を第三者に貸与・譲渡又は共用する行為
  15. 自己又は他人の氏名及び名称、住所、電話番号、電子メールアドレス等について意図的に虚偽の情報を登録する行為
  16. 本サービス外でのチケットの売買行為、及び誘引する行為
  17. 参加者の個人情報等を不正に取得することを目的とした行為
  18. その他前各号に準ずる行為

第7条 (利用料金)

  1. 主催者は、主催者の開催するイベントのチケットについての売買契約が成立した場合、本サービスの利用に係る料金(以下「利用料金」といいます。)として、別紙「利用料金表」(以下「料金表」といいます。)に定める料率を乗じた金額を当社に支払うものとします。利用料金は、当社が主催者に代わってチケットを購入した参加者から受領するチケット代金から差し引く方法により徴収されるものとし、主催者は係る方法により利用料金が徴収されることをあらかじめ同意するものとします。
  2. 当社は、利用料金その他の計算において、その計算結果に1円未満の端数が生じた場合は、その端数を切り捨てて計算するものとします。サービス契約者はこれに同意するものとします。
  3. 主催者は、当社に対し、本サービス上で行われたチケットの売買契約にかかるチケット代金(第18条に定める対象チケットのチケット代金も含みます。)の代理受領権限(これを決済事業者に対して再付与する権限を含みます。)を付与します。
  4. サービス契約者は、当社が利用料金その他のサービス契約者に対して有する債権をカード会社に譲渡し、又はカード会社から立替払を受けることができることをあらかじめ承諾するものとします。
  5. 本サービスの利用にあたっては、別途通信料がかかります。

第8条 (チケット売上の支払い)

  1. 当社は、イベントに関する有料チケットの売上金(以下「売上金」といいます。)を第7条で定める金額及び所定の振込手数料を差し引いた上、当該イベントの主催者に支払います。 支払額はイベント終了日の終演時間以降に当該イベントの売上情報画面に表示することで主催者に通知するものとします。 支払日は当該イベントの開催終了日(以下「イベント終了日」といいます。)に基づき以下の方法で決定します。
    1. イベント終了日が1日から15日の場合は、翌月の5日
    2. イベント終了日が16日から月末の場合は、翌月20日
  2. 主催者は、イベント終了日までに団体情報設定ページから所定の方法により売上金の振込先情報を登録するものとします。 主催者がイベント終了日までに登録をしなかった場合は、売上振込先情報の登録日から起算して45日以内に支払うものとします。 なお、主催者がイベント終了日から180日を経過しても売上振込先情報を登録しなかった場合には、当社は、当該主催者が、当該支払申請に係る当社に対する 請求権を放棄したとみなすことができるものとします

第8条の2 (分配金)

  1. 当社は、主催者が実施するイベントの内容又は当該イベントの参加者の行動等に基づき、当社の定める方法により当該イベントを評価し、その評価に基づき当社が定める金員(以下「分配金」といいます。)を、当社が当該イベントに関連して得た収益から収益分配として支払うものとします。 なお、主催者が実施するイベントの評価方法、分配金の支払方法等は当社が定めるものとし、かつ当社の裁量により変更できるものとします。
  2. 当社は、分配金を主催者に支払う場合、当該分配金の対象となるイベント(以下「収益対象イベント」といいます。)の売上金の支払いに合算して支払うものとします。 主催者は、収益対象イベントの終了日までに売上振込先情報を登録するものとします。主催者が収益対象イベントの終了日から180日を経過しても売上振込先情報を登録しなかった場合には、当社は、当該主催者が、当該支払申請に係る当社に対する請求権を放棄したとみなすことができるものとします。
  3. 当社は、主催者に対して支払おうとする分配金が、当社の定める期間中に当社所定の金額に到達していない場合には、当該所定の金額に到達するまで当該分配金の支払いを繰り越せるものとします。また、分配金の発生から180日を経過しても当社所定の金額に到達していない場合には、当社は、当該分配金を支払わないものとし、主催者はこれにあらかじめ同意するものとします。
  4. 当社は、以下の場合、主催者に対し分配金の支払を行わないものとします。また、以下の場合で、当社が分配金を既に主催者に支払済のときは、当社は、主催者に対し、当社の定める方法により支払済の金銭の返還を請求することができるものとします。
    1. 主催者が当社の要求する金融機関情報その他の情報等を所定の期限内に当社に提供しない場合
    2. 主催者が本規約等に違反し、又は違反するおそれがある場合
    3. その他当社が分配金の支払いが不適切であると判断する場合

第9条 (チケット販売価格)

本サービスを利用して行われるイベントについては、主催者がイベント編集画面から所定の方法でチケットを作成及び販売します。 イベント情報並びにチケットの座席ごとの券種設定、販売枚数、販売価格及び販売時期は主催者が決定します。 なお、本サービスで表示されるチケットの販売額は全て税込価格となります。

第10条 (チケットの購入)

参加者は、チケットの購入を希望する場合は、本サービス所定の方法で購入の申込手続を行うものとし、チケットの申込手続完了後に当社から購入完了メールが送信された時に、チケットに係るイベントの主催者及びチケットの申込を行った者との間でチケットの売買契約が成立するものとします。 ただし、チケットが有料チケットである場合でコンビニ払いが選択されている場合には、チケットの申込手続完了後に当社から申込完了メールが送信された時に、チケットに係るイベントの主催者及びチケットの申込を行った者との間でチケットの売買契約が成立するものとします。 この場合、参加者は、申込完了メールに記載された日までに支払いを完了するものとし、それまでに支払いが行われない場合にはチケットの売買契約は自動的にキャンセルされるものとします。なお、当社が、主催者に代わってチケット代金を受領した時点で、チケットを購入した参加者のチケット代金債務は消滅します。 主催者及び参加者は、本規約で認められる場合を除き、売買契約に基づき発生した権利及び義務を第三者に譲渡、担保提供その他の処分することはできないものとします。 なお、チケットは本サービスサイト上の購入完了ページ、若しくはチケットページ上に電子的に表示されます。 当社は、会員が会員の責めに帰すべき事由(チケットの申込手続時に送信された情報の誤りを含みます。)によりチケットの受取が遅延すること、又は当該遅延によって発生する損害等について、一切の責任を負いません。

第10条の2 (ギフトの購入・使用)

  1. サービス契約者は、本サービス内の当社が指定するサービス内でのみ使用することができる、ギフトを購入することができます。ギフトは、本サービスサイト上のギフト購入画面にある購入単位及び表示金額により、サービス契約者の選択する決済方法により購入できます。当社は、決済完了後、ギフト購入画面上に電子的に表示する方法により、ギフトを発行します。
  2. ギフトの有効期限は、ギフトの発行日から180日後までとし、ギフトを購入したサービス契約者がギフトを利用せずに有効期限が経過すると、当該ギフトは失効します。
  3. サービス契約者は以下のいずれかに該当する場合を除き、ギフトの購入をキャンセルすることはできないものとします。
    1. システムの瑕疵による誤課金が発生した場合
    2. その他、当社が特に必要と認めた場合
  4. 前項に定める事由に基づきキャンセルする場合において、クレジットカード払いにて支払日から50日以上経過しているときは、当社はサービス契約者に対し、返金手数料として、1件につき500円の手数料を請求できるものとします。
  5. サービス契約者は、購入したギフトを、第三者に譲渡、担保提供その他の処分、又は第三者との間で交換、合算することはできません。
  6. ギフトの使用は、ギフトを購入したサービス契約者本人が行うものとし、当該サービス契約者以外の第三者が行うことはできません。当社は、ギフト使用時に入力されたアカウント情報とギフト購入時のアカウント情報が一致することを当社が所定の方法により確認した場合には、当該サービス契約者本人による使用とみなします。それが第三者による不正使用であった場合でも、当社は使用されたギフトの払い戻しをせず、サービス契約者に生じた損害について責任を負いません。
  7. ギフトの使用後は、いかなる場合もギフトの払い戻しはできないものとします。

第11条 (イベント及びチケットの提供)

主催者は、本サービスを利用して作成したイベント及びチケットの内容に従い、自らの責任で当該イベントを開催するものとします。 また、参加者が参加するイベントに瑕疵があった場合若しくは瑕疵により参加者からのクレーム等が生じた場合又はイベントにおいて何等かの事故が発生した場合、主催者は自己の責任と費用で参加者に誠実に対応するものとし、当社を免責するものとします。 ただし、当社は、主催者が前述の発生した問題への対応を適切に行っていないと当社が判断した場合、主催者に対する事前の通知なく、当該問題に対し、主催者に代わり必要な対応を執ることができるものとします。 なお、当社は、この対応に要した費用を主催者に請求することができるものとし、主催者は、当該費用を当社に対して負担することをあらかじめ承諾するものとします。

第12条 (イベント提供時の表示)

主催者は、本サービスを利用して作成したイベントを参加者に対して提供するにあたり、参加者に対し、以下の事項を明示しなければならないものとします。
  1. 主催者は、本サービスの決済プラットフォーム及び商号を用いて、有料イベントの参加者に対して、有料チケットの通信販売を行う者である旨。

第13条 (イベントの問い合わせ)

  1. イベント内容に関する問い合わせは、参加者が主催者に対して直接行うものとし、当社はこれに関与しないものとします。
  2. 主催者は、本サービスサイト上で登録した情報に関連し、当社、サービス契約者又は第三者から問い合わせがあった場合には、これに対し直ちに対応をするものとします。
  3. 当社、サービス契約者又は第三者からの問い合わせに対し、主催者が対応を怠たったことにより、本サービスの運営に支障が及ぶと当社が判断した場合には、主催者の意向にかかわらず、当社が当該問い合わせについて対応できるものとします。

第14条 (チケットの返品・キャンセル)

  1. 商品の性質上、原則、参加者によって購入又は取得されたチケットの商品の返品及びキャンセルできないものとします。ただし、コンビニ支払いを除き、参加者は以下のいずれかに該当する場合のみ、返品及びキャンセルできるものとします。
    1. イベント開催日時までに参加者が主催者へ返品及びキャンセルの依頼を行い、主催者がこれを承諾した場合
    2. システムの瑕疵による誤課金が発生した場合
    3. その他、主催者が必要と認めた場合
  2. 前項に定める事由に基づき返品及びキャンセルする場合において、クレジットカード払いにて支払日から50日以上経過しているときは、チケットを購入した参加者は、当社に対し返金手数料として、返品及びキャンセルされたチケットにかかる注文1件につき500円の手数料を支払うものとします。
  3. 参加者は、本条に基づきチケットが返品又はキャンセルされた場合(第15条に基づく払い戻しの場合、第18条に基づくチケット譲渡による返金の場合も含むものとします)、当社に対し、主催者からのチケット代金の返金について代理受領権限(これを決済事業者に対して再付与する権限を含みます。)を付与するものとします。 参加者は、返金が当社所定の方法により行われ、返金の対象がチケット代金のみとなること、当社が前項に定める返金手数料をチケット代金の返金額から差し引く方法により徴収すること、またコンビニ等の決済手数料の返金は行われないことにあらかじめ同意するものとします。 なお、当社から参加者のチケット代金に対し、銀行振り込みによって返金する場合において、参加者は当社所定の方法に従って、振込先情報を登録するものとします。参加者がチケットの返品又はキャンセルから180日を経過しても振込先情報を登録しなかった場合には、当社は、当該参加者が、当該返金に係る当社に対する 請求権を放棄したとみなすことができるものとします。

第15条 (イベント中止時の責任と払戻し)

主催者の事情によりイベントが中止された場合は、当社は、当該中止を告知することを含め一切の責任を負わないものとします。主催者の事情または不可抗力等によってイベントが中止となり、主催者が当社所定の方法でイベントのキャンセル手続きを行った場合、当社所定の期間内に限りチケット代金の払い戻しが行われます。 かかる払い戻しに発生する返金手数料は原則として主催者が負担するものとします。参加者は、払い戻しが当社所定の方法により行われ、払い戻しの対象がチケット代金のみとなること、コンビニ等の決済手数料の返金は行われないことに予め同意するものとします。

第16条 (不正転売の禁止)

本サービスを利用して購入又は取得されたチケットは、第三者に対して不正に転売することができず、また、不正な転売を目的として第三者に提供できません。これらに違反してチケットが第三者に転売又は提供されたことが判明した場合、当社は主催者から求められた場合に当該チケットを無効化することができ、当該チケットに係る代金の返金及びイベントへの入場ができないようにする措置を講じることができることとします。 また、当社は、当社の判断により、当該チケットの購入又は取得に用いられたアカウントの利用を停止すことができるものとします。 当社は本サービスサイト以外のサイト、チケットショップ、ダフ屋等から本サービスサイトで購入又は取得できるチケットを入手した場合に生じた問題については、一切の責任を負いません。

第17条 (イベントの受付及び入場)

本サービスを利用して購入又は取得されたチケットについて、本サービスサイト上で受付確認作業を行うには、インターネットに接続された状態のパーソナルコンピュータ又は対応端末が必要となります。 パーソナルコンピュータ又は対応端末がインターネットに接続できる環境の確保は、主催者の費用と責任で行うものとします。 また、通信回線やコンピュータ、サーバ等の障害により、当該受付確認作業に支障が発生した場合であっても、当社は一切の責任を負わないものとします。

第18条 (チケット譲渡)

  1. チケット譲渡を行う参加者(以下「譲渡人」といいます。)は、チケットページから所定の方法で譲渡用URLを発行し、このURLを当社所定の方法でチケット譲渡を受けることを希望する参加者(以下「譲受人」といいます。)に通知するものとし、譲受人は、チケット譲渡画面から当社所定の方法でチケット譲渡の申込みを行うものとします。チケット譲渡は、当該チケットの主催者による承諾を条件に成立します。 チケット譲渡が成立する場合は、チケット譲渡の対象となるチケット(以下「対象チケット」といいます。)にかかる譲渡人と主催者との間の売買契約が解約されて譲渡人へ対象チケットのチケット代金が返金されるとともに、譲受人と主催者との間で対象チケットの売買契約が新たに成立し譲受人は主催者に対して対象チケットにかかるチケット代金を支払うものとします。チケット譲渡は、当社からチケット譲渡完了メールが送信された時に成立するものとします。 なお、当社が主催者に代わって譲受人から対象チケットのチケット代金を受領した時点で、譲受人のチケット代金債務は消滅します。
  2. チケット譲渡が成立した場合、譲渡人は、譲渡人に対する対象チケットのチケット代金の返金が当社所定の方法により行われ、返金の対象がチケット代金のみとなることにあらかじめ同意するものとします。
  3. チケット譲渡を行うためには、本サービスへの会員登録が必要であり、会員登録せずに購入したチケットについてはチケット譲渡が行えないものとします。
  4. チケット譲渡は譲渡人による譲渡用URLの発行から当社所定の期間(以下「譲渡可能期間」といいます。)までに行うものとし、譲渡可能期間を過ぎた場合は、当該URLは利用できなくなります。 また、当該チケットのイベント終演時刻を過ぎた場合もチケット譲渡は行えないものとし、発行中の譲渡URLも当該イベントの終演時間をもって利用できなくなります。

第19条 (個人情報)

  1. 当社は、本サービスの提供において、申込者及びサービス契約者から取得する個人情報を、次に掲げる目的その他当社が別に定める「プライバシーポリシー」<https:/teket.jp/privacy>(当社がそのURLを変更した場合は、変更後のURLとします。)に掲げる目的で当該目的達成に必要な範囲で利用します。
    1. サービス契約者の本人確認の目的
    2. サービス品質改善の目的
    3. 各種問合せ等の応対サービス及びその向上のための分析・調査実施の目的
    4. 重要なお知らせ、新サービス及び機能に関するお知らせ、利用規約等の変更に関するお知らせ等を行う目的
    5. チケットを購入した参加者に対象イベントに関するお知らせ等を行う目的
    6. 対象イベント会場における参加者の本人認証の目的
    7. フォロー中の主催者からのお知らせ等を行う目的
    8. 新型コロナウイルス等の感染症の感染拡大防止の目的
    9. 主催者に参加者の個人情報を提供する目的
    10. 主催者に参加者のアンケート回答結果を提供する目的
    11. その他本サービス上で発生した障害等の連絡を行う目的
  2. 当社は、本サービス提供及び本サービスの向上のため、次の各号に掲げる情報をそれぞれ当該各号に掲げる第三者に送信する場合があります。
    1. サービス契約者のクレジットカード番号、カード有効期限、セキュリティコード、氏名(カナ)、電話番号
      第三者送信先:GMOペイメントゲートウェイ株式会社
    2. Cookieを使用し、個人を特定する情報を含まないサービス利用履歴・端末情報(IPアドレス、ユーザエージェント、OS種別)、広告ID等
      第三者送信先:Google LLC
    3. サービス契約者のLINEユーザID
      第三者送信先:LINE株式会社
    4. 個人を特定する情報を含まないサービス契約者の利用状況(サービス契約者数、チケット取扱高、その他各種機能の利用統計情報)、公演情報 等
      第三者送信先:株式会社NTTドコモ
  3. 当社は、主催者に対し、当社に提供された参加者の情報のうち以下の項目を、当該主催者だけがアクセス可能なWebサイトに掲載する方法により提供します。
    1. 氏名
    2. アンケート回答結果
  4. 当社は、主催者に対し、新型コロナウイルス等の感染症拡大防止を目的として、来場者の緊急連絡先を取得する機能を提供します。 主催者が本機能を利用して緊急連絡先の取得を行う場合、当該イベントのチケットを購入した参加者は、イベント開催日時までにチケットページから来場者の緊急連絡先を虚偽無く登録するものとします。 取得した下記の緊急連絡先は、感染者が発生し、主催者が当社所定の方法で緊急連絡先情報の提供を申請した場合に限り、下記の第三者送信先へ提供します。 取得した下記の緊急連絡先は、本目的以外に利用しないものとし、当該イベントの開催日から起算して3ヶ月間保管したのち、破棄するものとします。
    1. 取得情報:サービス契約者の氏名、メールアドレス、電話番号、住所、チケット情報 等
      第三者送信先:主催者、保健所、医療機関、関係する公的機関等

第19条の2 (アンケートに関する個人情報の取扱)

  1. 当社は、主催者に対し、当該主催者が開催するイベントの参加者に対するアンケートを行う機能(本規約第3条第2項第4号に定める機能、以下「アンケート機能」といいます。)を提供します。 当社は、アンケートの回答内容に個人情報が含まれているか否かにかかわらず、当社の「プライバシーポリシー」<https:/teket.jp/privacy>(当社がそのURLを変更した場合は、変更後のURLとします。)に従いそれらの情報を保有、管理するものとします。 ただし、アンケート機能の利用により主催者が取得したアンケート回答者の個人情報の取り扱いに関する責任は、主催者にあるものとします。
  2. 主催者は、アンケート機能により参加者の個人情報を取得する場合、その利用目的を開示した上で、参加者の同意を得てアンケート回答者の電子メールアドレス、住所、電話番号その他主催者が必要と認めるアンケート回答者の個人情報を取得するものとします。 また、取得した個人情報の取り扱いについては、個人情報保護法上の個人情報取扱事業者に該当するか否かを問わず、個人情報保護法及び監督官庁等が公表する個人情報に関する指針(ガイドライン)等に従い取得した個人情報を適法かつ適正に取り扱うものとし、 主催者が行うイベントの運営者に対しても取得した個人情報を主催者と同等に取り扱うことを義務付けるものとします。
  3. 主催者は、自己の責任においてアンケート機能を利用するものとし、アンケート機能を利用してなされた一切の行為(アンケートの質問、情報、テキスト、データ、ソフトウェア、写真、動画、音楽、第三者との交信、その他アンケートに付帯してサービス契約者が行ったすべての行為が含まれます。)及びその結果生じる直接的又は間接的な損害を含むすべての損害について責任を負うものとし、当社に一切迷惑をかけないものとし、当社を免責せしめるものとします。 なお、主催者がアンケート機能を利用してアンケート回答者の個人情報を取得する場合において、当社が主催者に対し、個人情報保護法等を遵守することを義務付けていることが主催者がこれを遵守することを保証するものでないことを主催者及び参加者は確認し、これに同意するものとします。

第20条 (提供中断等)

  1. 当社は、次の各号のいずれかに該当すると当社が判断したときは、本サービスの全部又は一部の提供を中断することがあります。
    1. 天災地変等の不可抗力により本サービスが提供できなくなったとき。
    2. 本サービスに関する機器、設備等の保守、工事等を実施する必要があるとき。
    3. 本サービスにおいて使用する機器、設備等に故障、障害等が発生したとき。
    4. 災害の予防若しくは救援、交通、通信若しくは電力の供給の確保又は秩序の維持に必要な通信その他公共のために必要があるとき。
    5. 当社の運用上又は技術上、本サービスの全部又は一部の提供を中断する必要があるとき。
  2. 当社は、前項に定めるほか、本サービスの運用上必要な範囲において、本サービスの利用の制限等を行うことができるものとします。
  3. 当社は、第1項に基づく本サービスの全部若しくは一部の提供の中断又は前項に定める利用の制限等を計画している場合は、その旨を本サービスサイト上に掲載する方法によりサービス契約者に周知するものとします。 ただし、緊急やむを得ない場合は当該周知を行わずに本サービスの全部又は一部の提供を中断することができるものとします。
  4. 当社は、第1項又は第2項の定めに基づき本サービスの提供を中断し、又はその利用を制限等した場合であっても、利用料金の減免等は行わず、また当該提供中断又は利用制限等によりサービス契約者に損害が生じた場合であっても、責任を負いません。

第21条 (提供停止等)

  1. 当社は、サービス契約者が次の各号のいずれかに該当すると当社が判断したときは、サービス契約者に対する事前の通知を行うことなく、本サービスの全部又は一部の提供を停止することができるものとします。
    1. 第4条第3項各号のいずれかに該当するとき。
    2. 第6条又は第29条に違反したとき。
    3. 当社に対して事実に反する内容の届出又は通知をしたとき。
    4. 第三者による本サービスの利用に支障を与える又はそのおそれのある行為があったとき。
    5. 過去に不正利用等により利用契約の解除又は本サービスの提供停止等の措置を受けたことがあるとき。
    6. その他本規約に違反したとき。
    7. その他当社の業務の遂行上支障があるとき。
  2. 当社は、主催者が第1項又は以下のいずれかの事由に該当すると当社が判断したときには、主催者に対する事前の通知を行うことなく、主催者のイベントページ及び主催者のイベント管理ページ等のイベントに関するページを本サービスサイト及びサーバから削除することができます。
    1. 主催者の開催するイベントのチケットを購入又は取得した参加者から、主催者に対し、係るイベントの開催中止及び延期又は有料チケットの返金等に関する苦情が頻発したとき。
    2. その他当社が消費者保護の観点等からサービスの利用の停止等の措置が必要と判断したとき。
  3. 当社は、サービス契約者に対し、前二項の措置に替えて、又は前二項の措置とともに、期限を定めて当該事由を解消することを求めることができるものとします。ただし、本項の定めは、当社が第24条に基づき利用契約を解除することを妨げるものではありません。
  4. 第1項及び第2項に基づき当社が本サービスの提供を停止した場合であっても、サービス契約者は利用料金の支払義務を免れることはできません。

第22条 (本サービスの終了)

  1. 当社は、当社の都合によりいつでも本サービスの全部又は一部を終了することができるものとし、この場合、本サービスを終了する3か月以上前に、本サービスを終了する旨を本サービスサイト上に掲載する方法により、サービス契約者に対して周知するものとします。なお、本サービスの全部が終了された場合は、当該時点をもって利用契約は自動的に終了するものとします。
  2. 当社は、前項の定めに基づき本サービスの全部又は一部を終了したことによりサービス契約者に損害が生じた場合であっても、一切責任を負いません。

第23条 (サービス契約者が行う利用契約の解約)

サービス契約者は、利用契約の解約を希望する場合は、本サービスサイト上のアカウント削除画面(以下「アカウント削除画面」といいます。)から、当該解約申込画面上で指定する手順に従いその旨を当社に送信することにより、利用契約を解約することができるものとします。 この場合、当社が解約手続を完了させた旨をアカウント削除画面を通してサービス契約者に通知した時点で利用契約は終了するものとします。

第24条 (当社が行う利用契約の解除)

当社は、サービス契約者が次の各号の一に該当すると当社が判断したときは、何らの催告を行うことなく、直ちに利用契約の全部又は一部を解除し、被った損害の賠償を請求することができるものとします。
  1. 利用契約の申込内容が事実に反していることが判明したとき。
  2. 第21条第1項各号に定める事由のいずれかに該当するとして、本サービスの提供が停止された場合において、当該事由が当社の業務に支障を及ぼすおそれがあるとき、又は当社が指定する期限までに当該停止の原因となった事由を解消しないとき。
  3. 第6条に違反したとき。
  4. 本規約に基づく義務を履行する見込みがないと認められるとき。
  5. 支払の停止があったとき、支払不能の状態に陥ったとき、破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始若しくは特別清算開始の申立てがあったとき、手形交換所の取引停止処分を受けたとき、又は仮差押え、保全差押え若しくは差押えを受けたとき。
  6. 当社に重大な危害若しくは損害を及ぼしたとき、又はそのおそれがあるとき。
  7. その他本サービスの提供を継続できないと認められる相当の事由があるとき。

第25条 (利用契約の継続、終了等)

  1. 第22条第1項、第23条及び前条に該当する場合、利用契約も自動的に終了するものとします。なお、本サービスを通じて購入又は取得したチケット及び購入したギフトについては、使用・未使用にかかわらず、サービス契約者の利用契約の終了をもってその権利を失います。
  2. 利用契約が解約その他の事由により終了した場合、終了時点以降は、本サービスをご利用いただくことはできません。なお、その後に再度利用契約を締結された場合であっても、終了時点以前に利用されていた際の本サービスの設定情報等は新たな利用契約には引き継がれません。

第26条 (事業譲渡)

当社が本サービスに係る事業を第三者に移転する場合(事業譲渡、会社分割、各種合併その他本サービスの提供主体が変更する一切の場合を含みます。)には、当社は、当該事業の移転に伴い、サービス契約者の本規約に基づく契約上の地位、本規約に基づく権利義務及び会員登録に伴い登録された情報その他の情報を当該事業の譲受人又は承継人に移転することができるものとし、サービス契約者は、かかる移転についてあらかじめ承諾するものとします。

第27条 (損害賠償の制限)

  1. 当社が本サービスを利用してチケットを購入又は取得したサービス契約者又はギフトを購入したサービス契約者に対して損害賠償責任を負う場合であっても、当社がサービス契約者に対して負う責任の範囲は、通常生ずべき直接の損害(逸失利益を除きます。)に限られるものとし、かつ、その限度額はチケットの券面に記載の金額又はギフトの購入金額とします。
  2. 当社の故意又は重大な過失によりサービス契約者に損害を与えた場合は、前項の定めは適用しません。

第28条 (通知)

  1. 当社は、本サービスに関するサービス契約者への通知を、次の各号に掲げるいずれかの方法により行うことができるものとします。
    1. サービス契約者が利用契約に基づき当社に届け出ているメールアドレスへの電子メールによる通知
    2. その他当社が適当と判断する方法
  2. 前項各号に掲げる方法によるサービス契約者への通知は、当社が前項に定める通知を発した時点になされたものとみなします。
  3. 当社は、第1項各号に掲げる方法のほか、本サービスサイト上にその内容を掲載することをもって、本サービスに関するサービス契約者に対する通知に替えることができるものとします。 この場合、当社が当該通知内容を本サービスサイト上に掲載した時点をもって当該通知がサービス契約者に対してなされたものとみなします。

第29条 (変更の届出)

  1. サービス契約者は、氏名、メールアドレス、その他の本サービスに関する当社への届出内容に変更があった場合は、速やかに当社に届け出るものとします。なお、届出内容に変更があったにもかかわらず、当社に届出がない場合(届出後、当社がその変更内容を確認できるまでの間を含みます。)、本規約に定める当社からの通知については、当社がサービス契約者から届出を受けている連絡先への通知をもってその通知を行ったものとみなします。
  2. 前項の届出があった場合、当社は、その届出のあった事実を確認するための書類の提示又は提出をサービス契約者に求める場合があり、サービス契約者はこれに応じるものとします。
  3. 第1項の定めにかかわらず、サービス契約者が本規約に基づき当社に届け出ているサービス契約者の氏名、名称、住所等に変更があった場合は、本規約に定める当社からの通知についても、本規約に基づき届出を受けた変更後の連絡先に対して行います。

第30条 (残存効)

利用契約が終了した後も、第3条第1項、同条第3項、同条5項、第5条第2項から第4項まで、第7条、第8条、第10条、第10条の2第3項、第11条、第13条乃至第17条、第20条第4項、第21条第4項、第22条、第24条乃至第27条、第31条第3項、第33条乃至第35条の定めは、なお有効に存続するものとします。

第31条 (反社会的勢力の排除)

  1. サービス契約者は、次の各号のいずれか一にも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを表明し、保証するものとします。
    1. 自ら(法人その他の団体にあっては、自らの役員を含みます。)が、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動等標ぼうゴロ又は特殊知能暴力集団等その他これらに準じる者(以下総称して「暴力団員等」といいます。)であること。
    2. サービス契約者が法人その他の団体の場合にあっては、暴力団員等が経営を支配していると認められる関係を有すること。
    3. サービス契約者が法人その他の団体の場合にあっては、暴力団員等が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること。
    4. 自ら若しくは第三者の不正の利益を図る目的又は第三者に損害を加える目的をもって取引を行うなど、暴力団員等を利用していると認められる関係を有すること。
    5. 暴力団員等に対して資金等を提供し、又は便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること。
    6. サービス契約者が法人その他の団体の場合にあっては、自らの役員又は自らの経営に実質的に関与している者が暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有すること。
  2. サービス契約者は、自ら又は第三者を利用して次の各号のいずれか一にでも該当する行為を行わないことを保証するものとします。
    1. 暴力的な要求行為
    2. 法的な責任を超えた不当な要求行為
    3. 取引に関して、脅迫的な言動をし、又は暴力を用いる行為
    4. 風説を流布し、偽計を用い、又は威力を用いて、当社の信用を毀損し、又は当社の業務を妨害する行為
    5. その他前各号に準ずる行為
  3. 主催者は、故意又は過失を問わず、主催者が第1項及び第2項に違反した場合には、主催者は、当社が主催者のイベントページ及び主催者のイベント管理ページ等のイベントに関するページを本サービスサイト及びサーバから削除すること、また当社が直ちに当社と主催者間の契約を解除し、利用契約を解除することについて、異議なく承諾するものとします。 当社によるこれらの措置により主催者に何らかの損害が生じた場合でも、主催者は、当社に対し、何らの請求も行えないものとし、主催者においてその損害の一切を負担するものとします。 また、当社(当社の役員及び従業員を含みます)又は参加者に何らかの損害が生じた場合には、主催者(ただし、主催者の役員及び従業員は含まないものとします)は、その一切の損害を賠償しなければならないものとします。

第32条 (規約の変更)

当社は、次に掲げる場合は、本サービスサイト上に掲載する方法によって、あらかじめサービス契約者に周知することにより、本規約を変更することができるものとします。なお、本規約が変更された場合は、変更日以降は当該変更後の本規約が適用されます。
  1. 本規約の変更が、サービス契約者の一般の利益に適合するとき。
  2. 本規約の変更が、利用契約をした目的に反せず、かつ、変更の必要性、変更後の内容の相当性その他の変更に係る事情に照らして合理的なものであるとき。

第33条 (権利の譲渡等)

サービス契約者は、本規約で当社が認めている場合を除き、利用契約に基づき当社に対して有する権利又は当社に対して負う義務の全部又は一部を第三者に譲渡し、承継させ、又は担保に供することはできません。

第34条 (合意管轄)

サービス契約者と当社との間で利用契約に関連して訴訟の必要が生じた場合は、東京地方裁判所又はサービス契約者の住所地を管轄する地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第35条 (準拠法)

利用契約の成立、効力、解釈及び履行については、日本国法に準拠するものとします。

附則(2019年10月3日)

本規約は、2019年10月3日から実施します。

更新日(2020年1月6日)

本改正規約は、2020年1月6日から実施します。

更新日(2020年4月1日)

本改正規約は、2020年4月1日から実施します。

更新日(2020年4月15日)

本改正規約は、2020年4月15日から実施します。

更新日(2020年4月27日)

本改正規約は、2020年4月27日から実施します。

更新日(2020年7月10日)

本改正規約は、2020年7月10日から実施します。

更新日(2020年7月31日)

本改正規約は、2020年7月31日から実施します。

更新日(2021年2月22日)

本改正規約は、2021年2月22日から実施します。

更新日(2021年9月27日)

本改正規約は、2021年9月27日から実施します。

ホン株式会社

抽選販売サービス個別規定

第1条 〔適用範囲等)

  1. 抽選販売サービス個別規定は、あるイベントに関する事前のチケットの確保を目的とし、本サービスサイト上で購入申込を受け付け、 チケットを抽選販売するサービス(以下「抽選販売サービス」といいます。)を利用して、抽選販売を行う主催者と、 購入申込みをする参加者(以下「申込者」といいます。)に対し適用するものとします。
  2. 当社は、サービス契約者が抽選販売サービスを利用した時点で、サービス契約者が抽選販売サービス個別規定及びteketサービス利用規約の全ての記載内容に同意したものとみなし、 当社及びサービス契約者の間に、抽選販売サービス個別規定等に基づいて抽選販売サービスの利用に係る契約が成立したものとみなします。なお、抽選販売サービス個別規定に別途定義される用語を除き、 抽選販売サービス個別規定において用いられる用語は、teketサービス利用規約において定義される用語と同一の意味を有するものとします。
  3. 次に掲げる場合は本サービスサイト上に掲載する方法によって、あらかじめサービス契約者に周知することにより、抽選販売サービス個別規定を変更することができるものとします。なお、抽選販売サービス個別規定が変更された場合は、変更日以降は当該変更後の抽選販売サービス個別規定が適用されます。
    1. 抽選販売サービス個別規定の変更が、サービス契約者の一般の利益に適合するとき。
    2. 抽選販売サービス個別規定の変更が、利用契約をした目的に反せず、かつ、変更の必要性、変更後の内容の相当性その他の変更に係る事情に照らして合理的なものであるとき。

第2条 (抽選販売サービス)

抽選販売サービスを利用するあるイベントに関して、申込者分全てのチケットを販売できない場合は、申込者の中から抽選を行います。抽選方法は原則として無作為に行いますが、当社は具体的な抽選方法を開示する義務を負いません。 なお、チケットが販売される場合であっても、良席の確保を保証するものではありません。

第3条 (抽選販売サービスの利用申込等)

抽選販売サービスの利用を希望する申込者は、所定の手続きに従って購入申込をするものとし、当該申込の完了をもって抽選販売サービスに関する利用契約が成立します。 申込者はチケット購入申込について、原則として購入申込の取り下げを行う事はできません。 サービス契約者が抽選販売サービスを利用した場合であっても、サービス契約者が以下の各号に該当する場合は、当社は事前にサービス契約者に通知することなく、 申込みまたは購入したチケットを無効とし、抽選販売サービスの利用を停止する場合があります。なお、申込みを無効とした場合であっても、当社はその旨をサービス契約者に通知する義務を負いません。
  1. teketサービス利用規約第6条で禁止している事項に該当する行為を行った場合
  2. 同一人物の管理によると客観的かつ合理的に疑われる複数のメールアドレス等を使って抽選販売サービスを利用した場合
  3. その他、抽選販売サービス個別規定等に違反した場合

第4条 (購入契約の成立)

抽選販売サービスによるチケット購入契約は、主催者の行う当選処理と同時に成立するものとします。ただし、やむを得ず申込者分全てのチケットを販売できない場合は、当選した申込者と主催者の間に限り、購入契約が成立するものとします。

第5条 (利用料金・支払い)

当社は申込者に対し、当選・落選の結果を抽選日後に本サービスサイト上のチケット画面に表示します。サービス契約者は、抽選販売の申込状況、当選・落選等に関する問合わせを一切行わないものとし、当社はかかる問合せに応じません。

附則(2020年2月14日)

抽選販売サービス個別規定は、2020年2月14日から実施します。

更新日(2020年4月1日)

本改正規定は、2020年4月1日から実施します。

ホン株式会社

Go Toイベント個別規定

第1条 〔適用範囲等)

  1. Go Toイベント個別規定は、経済産業省のGo Toイベント事業について、本サービスサイトを利用してチケットの販売を行う主催者に対し適用するものとします。
  2. 当社は、サービス契約者がGo To割引を適用したイベント(以下「Go To適用イベント」といいます。)を公開した時点で、サービス契約者がGo Toイベント個別規定及びteketサービス利用規約の全ての記載内容に同意したものとみなし、 当社及びサービス契約者の間に、Go Toイベント個別規定等に基づいてGo Toイベントの利用に係る契約が成立したものとみなします。なお、Go Toイベント個別規定に別途定義される用語を除き、 Go Toイベント個別規定において用いられる用語は、teketサービス利用規約において定義される用語と同一の意味を有するものとします。
  3. 次に掲げる場合は本サービスサイト上に掲載する方法によって、あらかじめサービス契約者に周知することにより、Go Toイベント個別規定を変更することができるものとします。なお、Go Toイベント個別規定が変更された場合は、変更日以降は当該変更後のGo Toイベント個別規定が適用されます。
    1. Go Toイベント個別規定の変更が、サービス契約者の一般の利益に適合するとき。
    2. Go Toイベント個別規定の変更が、利用契約をした目的に反せず、かつ、変更の必要性、変更後の内容の相当性その他の変更に係る事情に照らして合理的なものであるとき。

第2条 (Go To適用イベントの登録申請)

Go To適用イベントに関して、主催者は経済産業省の発行するGo Toイベント事業 主催者向け公募要領の記載事項を全て確認した上で、当該事業の趣旨と事業内容を理解して利用するものとします。 主催者がイベント情報編集画面にGo Toイベント事務局が発行するイベントIDを記載して、当該イベントを公開することにより、当社へのイベント登録申請を行うものとします。

第3条 (給付金の支払い)

  1. 当社は、Go Toイベント事業給付金(以下「給付金」といいます。)を、teketサービス利用規約第8条に定める売上金と合算して、当該主催者に支払います。 支払いは当該イベント終了日以降、Go Toイベント事務局の販売実績報告の審査(以下「審査」といいいます。)完了後に行うものとします。 支払日は、当該イベントの開催終了日(以下「イベント終了日」といいます。)に基づき以下の方法で決定します。ただし、支払日までに審査が完了していない場合は、審査完了後5営業日以内に支払うものとします。
    1. イベント終了日が1日から15日の場合は、翌月の5日
    2. イベント終了日が16日から月末の場合は、翌月20日
  2. Go To適用イベント審査により給付金の支給対象外となった場合、当社は本システムの瑕疵によって対象外となった場合を除いて、給付金の支払いを一切行わないものとします。 また、これらの措置により参加者からのクレーム等が生じた場合、主催者は自己の責任と費用で参加者に誠実に対応するものとし、当社を免責するものとします。

附則(2020年11月25日)

Go Toイベント個別規定は、2020年11月25日から実施します。

ホン株式会社