主催団体画像

メロスフィルハーモニー

2021年07月からteketを利用しています

1
ブラボー
1
フォロワー
団体紹介

1995年結成。当初は、モーツァルトを演奏するための一回限りのオーケストラとして、音楽監督中田延亮氏の下に首都圏の名手が集まり発足した。その第一回演奏会が好評を博し、その後ほぼ一年に一度のペースで演奏会を行っています。

ウィーン古典派を主なレパートリーとし、2008年にはL.v.ベートーヴェン交響曲第九番《合唱付き》にて、ベートーヴェン 交響曲の全曲演奏を完結。2016年の特別演奏会ではW.A.モーツァルト『レクイエム』に取り組みました。近年では時代を下り、ロマン派の音楽にも積極的に取り組んでおり、2014年にはシューマン交響曲の全曲演奏を完結しています。

「メロス」とはギリシャ語で「メロディ」の意。モーツァルトが当時の歌手兼作曲家に対して行っていたレッスン中に、「いいかい君、そこら辺のちょっとした対位法屋なんて、まあ馬車屋のようなものさ。君は自分の才能を有効に使いたまえ。音楽で一番大切なものはメロディなんだよ」と語ったとされることに由来します。

  • メロスフィルハーモニー

 

応援コメント(0

※各イベントページから応援コメントができます。

イベント前でも後でも、コメントを残して一緒にこのイベントを盛り上げよう!